家出少女というのは、家出をしていて困っているわけですが、助けてくれるといってくれる男性であれば誰でもいいと思っているわけではありません。
家出少女が嫌うような振る舞いをしているような男性だと、途中でメールが途切れてしまったり、会えたとしても逃げられてしまったりする可能性が高くなってしまいます。

では、どのような男性としての振る舞いをするようにすれば、家で少女に神様になってもらいたいと思ってもらうことが出来るようになるのでしょうか?

家出少女への接し方の基本

まず最初に、優しいことが大前提になります。
これは、家出少女だけに限らず、女性というのは優しい男性の方が良いと考える人がとても多いです。
家出をしているわけですから、何か嫌なことがあったりして、家を飛び出したということだって多いです。
ですので、優しく接してくれる男性に助けて欲しいと思っている女の子が多いのです。
なので、メールをしているときはもちろんですが、会ったときにも優しく接してあげるようにしましょう。
そうすれば、このままこの男性に助けてもらおうと思ってくれるようになりやすいです。

家出少女に実際に接するときは、まずは優しくて紳士的な振る舞いをすることが基本です。
家出するほどの事情がある少女ですから、心もきっと傷ついていたり、もしかしたら強がって元気にしているのかもしれません。
そっと包み込むようにサポートすることもとても重要なことだといえます。

神様の愛情とその場のノリも大切

家出少女は人に優しくされたりすることはもちろん、愛情を注いでもらうことも不慣れで、心のどこかで愛情を注いでもらうことを望んでいることがあります。
神として降臨したからには、できる限りの愛情あふれる対応をして、少しでも家出少女が満たされるように接することが必要です。

また、場合によっては会話が盛り上がるときもあります。
家出少女も心を開き楽し気にノリノリで話をしてくるようなら、終始そのノリに合わせてあげたり話題を合わせてさらに盛り上げてあげるような配慮が必要になります。

家出少女に対する神様の心得


神としても泊め男としても、家出している神待ち少女たちの前では下心を表に出すようなことはNGで、あくまでも紳士的な対応をしていることを猛烈にアピールすることが重要です。
「見返りなんて期待していない」そんな雰囲気を醸し出し、顔に書いてあるかのような人物こそが、神様として尊敬のまなざしを集めることができます。

神様たるものガツガツしないこと!

そして、がっつかないことも大切です。
一緒に女の子と時間を過ごしていると、その女の子とエッチをしたいと思ったりするようになるのは、男性として仕方がないことです。
特に、その女の子が好みなのであればなおさらでしょう。

ですが、ここでがっついてしまって、相手とまだ信頼関係が成り立っていないのに、いきなりホテルに連れ込もうとしたり、下ネタばかりを言ってしまっていると、女の子も助けてもらうためには御礼をすることも仕方ないと思っていても、子の男性に助けてもらいたくないと思われてしまう可能性が高くなります。
これでは、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性が高くなってしまいます。
ですからあくまで紳士的に振舞うようにして、少しずつ信用してもらえるようにしましょう。
信用してもらって、女の子に気に入ってもらえれば、後でお礼をしてもらえる可能性が高くなります。

ボランティア精神も時には必要?

以前の神待ちといえば、家出中の女の子たちを家に泊めて食事を提供することが本来の意味でしたが、近年は神待ちをする女性側に変化が起きていて、年齢層が20代から30代と高めで幅広くなってきています。
神様と呼ばれていた男性陣は、泊め男と呼ばれる傾向にあり、ある意味では神様から降格したような印象もあります。

神待ちをする20代から30代の女性たちは、パッと見ただけでは普通のOLさんや人妻のように見えます。
ですが実際は住所もない状態でネットカフェで寝泊まりしていることが多いです。
本当の住所の有無はわからないもののそれを使用したくないがために就職もできず貧困していく方もいます。

こうした訳ありの女性たちが神待ちをすることで、外からは見えないホームレス化が進み、泊め男としてもどこかしらボランティア精神に似た感覚をもって接していかなければならない状況が増えています。
ホームレスの女性たちは本当にお金がないので、支えがいがありますが、情がわいてしまって抜き差しならない関係にならないように気を付けなければなりません。

家出した神待ち少女に尽くせる男性を目指す

神待ち少女たちから見て神様のように思ってもらうためには、家出中の神待ち少女にどこまで尽くせるかが大きなポイントです。
ホテルにしろ自宅にしろ、滞在させるには金銭的なリスクがあり、神になるにはそれらをしっかり理解しておく必要があります。

生活費は二倍になる覚悟を持とう

家出した神待ち少女は、その子の事情によって長期滞在することがあります。
自宅に泊めていたとしてもその間の生活費は2倍になりますし、女の子が必要な生活用品やお小遣いまで面倒を見ることも考えられます。

それに女の子が必ずしも家事ができるとは限らないし、もしかしたら神様よりもだらしなくて脱いだ衣類まで片づけて上げるようになるかもしれません。
金銭的な余裕のほかにも生活の上での負担を強いられる覚悟ができている必要があります。

神の素質はお金と精神的余裕で決まる

これまで、家出少女といいところまで言ったのに、もうちょっとのところで神様になることが出来なかったという男性もいるかもしれません。
もしかしたら、この2つの事を守ることができずに、チャンスを逃してしまった可能性もありますので、優しく接して紳士的な対応をするように意識をしてみてください。

実際に、これまで家出少女と何度も会って、目的をクリアしたという人というのは、この二つのことを徹底して意識をしているという人が圧倒的に多いのです。

家出中の神待ち少女たちから神様として認めてもらうには、生活費が2倍になっても動じないだけの金銭的余裕と、生活の上で多少のことは許せる広い心が必要です。
それに神待ち少女たちに利用されているとわかっていても、笑顔で彼女らの面倒を見れるゆとりが重要になります。

関連する記事も読む