主に家出少女が泊めてくれるところを探していることを「神待ち」と呼びます。
出会い系サイトや掲示板などさまざまな場所でやり取りが行われていますが、最近多く使われているものがツイッターです。

男性がツイッターで家出少女を募集するパターン

男性が家出少女を探す場合、もっとも多いものが単に 「ウチに泊めます」 と書き込むものです。
しかし、単に書き込んだだけではなかなか声を掛けてもらえません。
そこで、以下のような工夫で返信確率をアップさせる人もいます。

ただし、それでも声を掛けてもらえる可能性は基本的に低めです。
そもそも神待ちは、たまたま泊まるところがなくなってしまった少女が先にいて、そこに宿を貸す人が登場するもの。
男性側から声掛けするのはフローに反しています。

宿泊以外のプラスアルファで優しさをアピール

「ご飯をおごります」「カラオケにでも行こう」など、宿の提供からさらにプラスして異性の気を引きます。
出費が数千円かさむだけと考えればコストパフォーマンスの良い方法です。

出会うことができればホテルに行くこともあるかと思いますが、もちろんそのホテル代金も払うのは当たり前ですが泊まッ田後の次の日の朝、またはお昼のお食事代も払えるくらいの気前の良さがあればさらに良いと言えるかもしれませんね。

優しさアピールポイント

  • ご飯を奢る
    ファミレスなどの軽食で良いので奢るようにする。できれば次の日のお食事代くらい奢れる気前の良さがあれば優しさpointがさらにアップ!
  • 友達にも優しさを
    女友達と一緒にいる相手には、その友達にも優しく配慮できる心の広さをアピール!
  • 泊まる場所の長期提供
    宿泊場所を長期提供するとなるとかなり出費がかさむ可能性がありそうですが、ここでいう宿泊場所とは「カプセルホテル」や「ラブホテル」などの低料金の宿泊場所になります。
    さらに安くするならネットカフェなども良いかもしれません。実際ネットカフェに寝泊りする家出少女は相当数いると言われています。

ハッシュタグを付ける

ハッシュタグを付けることで神待ちの少女が検索した時にヒットしやすくします。
もっとも基本的なタグは「#神待ち」です。
それ以外にも「援交」「援助交際」などの別ワード、「#東京」「#府中」などの地名を付けることが多いようです。

逆に家出少女たちをツイッターで探すときに、「神待ち」とか「東京 泊まる場所」などのワードで検索すると女の子たちがハッシュタグで引っかかるように付けていることが分かるかと思います。
ハッシュタグと神待ちの関係について詳しく見る

少女がツイッターで止まる場所を探すパターン

男性側が募集するよりも、少女のツイートにたいしてレスポンスしたほうが、成功確率がぐっと高くなります。
そこで大切なことは、いかにそのような呟きを見付けるかです。
その確率を上げるためにも、彼女たちのツイート傾向を押さえることは必須でしょう。

専用のアカウントを作っている 専用のアカウントを作っている
援助交際や家出をしていることは、あまり他人には知られたくないものです。
そのため、少女のほとんどが専用のアカウントを作っています。
ツイートやプロフィールを見てみると、ほとんどがその手の話になっているところが狙い目です。
反対に、趣味や日常の呟きばかりしているアカウントが突然募集するということはほぼありません。
神待ち以外のハッシュタグサーチは必須 神待ち以外のハッシュタグサーチは必須
男性が募集する例でもあるように、ハッシュタグを有効活用しましょう。
女性は神待ちという単語を使わず、援助交際や援交、割り切りなどの単語を使いたがります。
サーチの時は、それらも一緒に探すようにしましょう。
基本的に直接的な表現を控えるため、婉曲的な言い表しを察知することも必要になります。

倍率は高め 自己紹介でライバルと差を付ける

彼女たちのツイートを見てみると、「たくさんの返事が来たから待ってください」と書かれていることがあります。
リプライがなくても、DMで多数の誘いメッセージが送られているかもしれません。

基本的に男性側の比率が圧倒的に高めです。
出会い系サイトを使う時と同じように、第一印象で切られることがないよう慎重なメッセージ作成が重要です。

ツイッターで神待ちする場合は場所と目的が必要

ツイッターで神待ちと会うことは可能です。
しかし、それにはツイートの内容に十分気を遣う必要があるでしょう。
たった140文字という短文ですが、この書き方次第で出会い率が大きく変わります。

何より大切なものが場所と目的です。
どこに泊まれるのか分からなければ声を掛けられませんし、何の目的でコンタクトを取ってきたか分からなければ相手は不安です。

たくさんの男性がツイッターにいる神待ち少女を狙っています。
出会うことはけっして不可能ではありませんが、倍率が高いため、根気良くメッセージを送る必要があるでしょう。

関連する記事も読む