神男子募集掲示板のLoveの調査と口コミのまとめ

大手や優良といわれている出会い系サイトのほかに、出会い系サイトは数えきれないほど存在しています。
中には今まで聞いたことがない、アクセスしたことがないような目新しいものもあり、多くの利用者がいるように見える工夫が施されているものもあります。

大手や優良の出会い系サイト以外のサイトは、記載されている内容のほとんどがとても興味をそそられるものですが、その真相はどうなのでしょうか。
真相を確かめるために、神男子募集掲示板Loveについて詳しく調査してみました。

神男子募集掲示板Loveって何でしょうか?

近年では、神待ちができる掲示板が多くなり、実際に使える神待ち掲示板も登場しています。
神待ち少女や神待ち女性が増えている現実も影響していますが、それをうまく利用しようという動きも見られ、掲示板のように見せかけた誘導サイトも登場しています。

神男子募集掲示板Loveのように神待ちと関連があるようなネーミングのサイトも多くあり、その実態は実際に利用した人しかわからない、または運営者しかわからないものになっています。
そもそも掲示板とはどんなものなのか、本当に神待ちと関連があるのかどうかなど、詳しく調査するとともに見ていきましょう。

神待ちに使える?Loveの基本情報を調査

神男子募集掲示板Loveは利用規約がありますが、運営会社などの情報は神男子募集掲示板Loveのページからは確認することができません。
しかもページの最下部には、少々文字化けさせた風の記載がありますが、それも怪しい印象を受けます。

神男子募集掲示板Loveは、一見すると神待ちや、即アポなどと書いてあるので、本当に神待ちに使える掲示板のように見えます。
しかし、利用するには、メールアドレスを使って無料登録をする必要があり、ここで利用規約などを見ないでさっと会員登録をしてしまうと運営の思うつぼとなります。

会員登録が必要な掲示板も存在するので会員登録をすることには違和感はありませんが、問題はページ後半のいかにも掲示板のような書き込みがあることです。

通常会員登録が必要なサイトでは、会員登録をしてログインすれば、掲示板の書き込み内容をすべて見れるようになりますが、こちらの神男子募集掲示板Loveでは、会員登録をしなくても表示されている書き込みの内容を見ることができるのです。

また神待ちに使えそうな雰囲気を謳っているものの、神待ちらしき書き込み内容が確認できません。
男性からの「行けるよ」的な書き込みはあるものの、女性の神待ちの様子がないのです。
ますます怪しい印象が強まる中、調査を進めていった結果、基本情報が少しわかりました。

この神男子募集掲示板Loveというページは、アプリなどではないし、もちろん掲示板でもありません。
つまり神待ちには全く使えないただの誘導ページです。

神男子募集掲示板Loveから会員登録をするとラブという悪徳タイプの出会い系サイトに登録されてしまいます。
このラブという出会い系サイトの運営会社は、株式会社ANDELL CREATIONという会社で、福岡市にあります。

しかもクレジットカードを利用してポイントを購入したときの説明がややこしく、理解に苦しみます。
クレジットカードで決済をした料金は、米ドルに変換されてから海外のクレジットカード会社で米ドル建てで決済されたあと、実際に使用するクレジットカード会社で日本円に変換してから請求という内容になっています。

つまり利用金額にかかわらず、クレジットカードを利用した場合は、請求額が変動することがあるということです。
日本では到底ありえないもので、ますます怪しさが色濃くなります。

悪徳タイプの出会い系サイトを決定づけるものとして、新規会員登録をしてから7日後に姉妹サイトの愛カツへ自動登録されてしまうことが挙げられます。
これは利用規約にも記載されているので、会員登録をしない状態でも読むことができます。

丁寧に1つ1つを見ていくととても理解しがたいサイトだということがわかります。

Loveで神待ちを探せる?

先にも触れたようにLoveはラブという名前の悪徳出会い系サイトへ誘導するページで、Loveを利用するつもりで会員登録をしても出会い系サイトへ登録したことになってしまうものです。

実際にLoveで神待ちを探そうと考える場合は、実質ラブで探すことになります。
ラブでは掲示板の種類が10種類もあり、「すぐ会いたい」という神待ちにも使えそうな掲示板があります。

しかしラブの掲示板の投稿内容もまた、神男子募集掲示板Loveと同じ状態で会員登録をしなくても閲覧可能ですし、実際にオープンになっているのは「すぐ会いたい」掲示板の投稿内容だけです。
やはり、神待ちをしているような女性や少女からの書き込みは見当たりませんし、複数の書き込みをローテーションで回しているような状態になっています。

利用規約にある料金システムをよく見てみると、出会い系サイトとしてよくあるポイント制を採用していて、1P=10円で販売しており、メールの送信には30P、受信メールを読むことに25P、出会い系サイトとして最大の目玉のアドレス交換には270Pかかることが記載されています。

アドレス通知としてありますが、どちらか一方のアドレスを通知するには合計で300P、3000円かかる計算になります。
このラブで神待ちをゲットしようとする場合、メールの送受信に対して常に55P消費していきますし、アドレスなどの個人情報を受け取るには1人300Pかかります。

ということは実際に神待ちをしようものなら、簡単に現金で5000円くらいは飛んでいく計算になります。
とても神待ちには使えそうにありませんし、これだけのお金をかけるとしたらほかの優良出会い系サイトの方が安く済むことがわかります。

ラブでは神待ちをゲットできない理由は料金だけではありません。
送信メールの履歴が存在しませんし、登録時に設定した居住地の変更不可で、異性を探せるのは設定した県内のみとなり、他県の異性を検索する機能そのものがありません。

会う約束をしたとしても、相手がくることはなく、仮に来たとしても怖い男性を伴っていて、美人局になることがほとんどです。
また男性の場合はひっきりなしに女性からメールが届き、それを読むだけでもポイントを消費していきます。

実に神待ちどころではない状態になる、このような悪徳タイプの出会い系サイトのことをサクラ業者といいます。
特にこのラブはサクラ率100%で、老舗サクラ業者のガレージインク系列の新作です。

神待ち掲示板を装った誘導サイトに注意

神待ち掲示板を装ったり、家出掲示板や、セフレ、大人の恋愛など、さまざまな謳い文句を利用している誘導サイトはネット上にかなりの数が登場しています。
このラブの件だけでも誘導サイトは20以上にもなり、こちらもまたネット上で広く公開されています。

これらの誘導サイトに騙されないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

誘導サイトかどかはURLでもチェックできる!

怪しいなと思うサイトを見つけたら、誘導サイトのURLに注目してみましょう。
通常出会い系サイトのURLや掲示板などのURLというのは、比較的短いか、シンプルに作られています。
これは利用者がわかりやすくて、覚えやすいなどの目的があるからです。

その点、誘導サイトは少し長いことが特徴的です。
気になっているURLから直ドメインを省いて、アクセスしてみましょう。
大抵の場合は悪徳タイプの出会い系サイトにつながります。

こうしたチェック方法を利用しながら、誘導サイトに騙されることが無いように気を付けていけば、悪徳タイプの出会い系サイトにも登録しないで済みます。

またこの方法が使えない場合は、利用規約や料金システムを確認して、高すぎるようなら利用しないようにしましょう。

神待ちをするなら優良出会い系サイトを利用しよう

いかにも神待ちが簡単にできそうなフレーズを多用しているサイトは、時として魅力的に見えて、軽い気持ちで会員登録をしてしまいます。
しかしそこに罠があることを知り、慎重になる必要があります。

少しの手間をかければ未然に防げることもありますから、気になる掲示板やサイトを見つけたときは、認知度などを調べたり、運営会社を調べたり、口コミや評判などを参考にして、それから利用すると良いです。

万一、神待ち少女たちをゲットしたいがために、悪徳タイプの出会い系サイトなどに引っかかったときは、消費生活センターに相談することがおすすめです。

ラブサーチ