逃げ恥の新垣結衣みたいにキレイな人妻も家出することがある!

逃げ恥は多くの若い女性の間で、「ムズキュン」現象を起こした話題のドラマです。
恋愛において不自由なことが多いのに、融通が利かない童貞サラリーマンの誠実さがムズムズするけどキュンキュンするところがこのドラマの最大の魅力と言える部分です。

この逃げ恥の中で妻役を演じている新垣結衣さんも、劇中では家出をするシーンがありました。
家出をする人妻は何を感じて行動しているのか、またその原因は何なのかを見ていきます。

幸せそうに見えるのにどうして家出?理由は夫の思いやりの無さ

よその家の人妻はキレイでいつも笑顔を見せているのでとても幸せそうに見えるものです。
逃げ恥の中でもガッキーは周囲には笑顔で接し、はたから見れば幸せな若夫婦のように見えていました。
でも夫の思いやりや配慮に欠けるものがあると、生活の中で気持ちのすれ違いが起こり、夫婦喧嘩に発展することもあります。
妻としてはそのフラストレーションを発散するために家出を選択し、必要以上に夫とぶつかり合うことを避けるケースもあります。

逃げ恥に習う相手を思いやる気持ちと夫婦の修復方法

逃げ恥の劇中でみくり(新垣結衣)が家出をしたときはある程度居場所のわかる家出でしたが、通常の人妻が家出をした場合はその居場所は大抵わからず、音信不通になることもあります。
みくりが家出先の実家で多くの人に触れて多くのことを学び、母親からは運命の人は育てるものと諭されたとき、相手のことを思いやる気持ちが足りなかったことを自覚します。

一方で、残された津崎(星野源)は自宅の中にみくりの思いが詰まっていることを確認します。
これまで気づかなかったけれども、冷蔵庫の中を始め、さまざまなところに思いやりが詰まっていることに気づき、みくりと同じように思いやりが欠如していたことを自覚します。

その後劇中ではお互いに素直になって謝り、夫婦関係を修復しますが、現実ではなかなかそうはうまくいかないことの方が多くあります。
夫婦関係を修復するためには相手を認めて受け入れたり、謝って自分自身も改めることが必要ですが、なかなかそれができない夫婦が多いといえます。

逃げ恥とは
『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみによる日本の漫画作品。
2015年、第39回講談社漫画賞・少女部門受賞し、2016年10月にTBS系でテレビドラマ化された。
森山みくり役に新垣結衣、津崎平匡役を星野源を起用し社会現象を巻き起こした。
引用:逃げるは恥だが役に立つ – Wikipedia

人妻は深く悩んでいることが多い

人妻の家出の理由の多くは夫婦関係に問題が生じたことが影響していますが、実際はそのほかのことでも悩んでいることが多くあります。
家庭への不満は家庭の数だけあり、人妻によって悩みの内容も違ってきます。
しかしその多くは、改善できない悩みや、解決しない悩みであることが多く、夫にも頼れない状況も多く見られます。

現実は家出をして神待ちする人妻もいる

人妻が行く当てがあって家出をするケースはほとんど稀で、大抵は行く当てもなく神待ちをして宿泊先を確保することが多いです。
家出の原因が夫からの暴力の場合、生死にかかわるほどの緊迫した家出のケースもあり、スマホ以外の持ち物がないこともあります。

夫の浮気が原因のとき人妻は心底疲れ切ってしまい心身ともにボロボロの状態で神待ちをします。
誰かに優しくしてほしい、必要とされたい思いからも神待ちに走ることもあります。
現実逃避とも自暴自棄とも受け取れるような精神状態になるからです。

さまざまな事情があり家出をする人妻は心の深いところに闇を抱えていることを伺い知ることができます。

既婚の主婦が家出をして神待ちをするケースについて、接し方も含めて「旦那の暴力や浮気が原因で家出する人妻や主婦」にまとめてあるので併せて読んでみるといいでしょう。

悩んだ末に新しい人生を選ぶ人妻も増えている

家出を経験したことがある人妻は家出をしても問題が解決しないことや、現状が何も変わらないことを知るとこれまで以上に深く悩み、絶望的な気持ちになることがあります。
夫は少しも反省する様子もなく、「稼いでやっている」という感覚で妻に接し、日ごろの労をねぎらうことも全くありません。
舅姑も家出したことを批判するだけで何も理解を示さないため人妻への風当たりが強くなることもあります。

全く学習しない夫を見ている妻はとことん悩んだ挙句、もっと思いやりのある人を探した方が自分らしく居られるのではないかと気づきます。
無理をして今の夫にしがみついている必要はないと判断すると、離婚を決意し着々と準備を進めるようになる妻もいます。
女性の方が現実的な考え方を持っているといいますが、それが顕著に表れるところともいえます。

人妻の家出時は相当な傷と悩みを抱えていることを知ろう

人妻の家出は本来なら数多くあってはならないものですが、現状では夫の理解不足や舅姑との関係の悪さが影響して増加傾向にあります。
人妻が抱える悩みや家庭への不満は、夫がしっかりと妻の気持ちを考えて理解しサポートしていかなければならないものですが、理解力や包容力の無い夫が多いのでなかなか人妻の家出はなくならないのが現状です。

夫が妻の気持ちや悩みにもう少し関心を持って接するようになると家出はもちろん離婚も少なくなるかもしれません。

関連する記事も読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ