知らないと大出費!神待ちの相場と必要経費

神待ちを実際にしたことがある人であれば、大体どれくらいのお金が経費として必要になって、神待ちはどれくらいの相場になっているのかが分かっていると思います。
しかし、まだ神待ちをしたことがない人からすれば、どれくらいのお金が必要になるのか分かりませんよね。

どれくらいが相場なのかを理解しよう

神待ち少女たちに実際に会い、神や泊め男として支払う金額はどれくらいなのでしょうか。
食事や宿泊費は簡単に予測がついても、それ以外のことにお金がかかるとしたら、相場があるはずです。
相場は地域や利用する宿泊先によっても変動するので、正しく理解しておく必要があります。

相場についてちゃんと理解をしておかなくては、神待ちをすることは出来たものの、出費が非常に大きくなってしまうなんて事もあるかもしれません。
この相場さえ分かれば、その相場を基準にして高いのか、そうじゃないのかを判断することが出来るようになりますよね。

神待ちの相場は下落傾向でエリアによって変動する

神待ちの相場はひと昔前に比べると下がっていると言われていて、その理由は普通のOLや人妻も神待ちをするようになったことが関係しているようです。
大まかに考えると、東京と地方では大体5000円くらいの差があると言われています。

エリア別に見ていくと東京の相場は大体2万で、北海道や東北は1.5万、沖縄では1.3万くらいが相場です。
神待ち少女や女性たちの年齢や、お礼の内容によっても違いはあるものの、全国的に見れば2万が相場で、ホテル代は別にかかることが多いです。

全国の主な地域の神待ちにおける相場ランク
一位 東京 およそ2万円
同率二位 神奈川・愛知・大阪 およそ1万9千円
同率三位 埼玉・兵庫・広島・福岡 およそ1万8千円
・・・47位 沖縄 およそ1万3千円

この結果から見るとおもに都市部に神待ちにおける相場の高さが分かります。
逆に沖縄はダントツで低いことが気になりますが、日本において島からなる都道府県では唯一他の県に接していないことが一つの要因だと思われます。(北海道は青函トンネルで青森と繋がっているとします)
また沖縄は北海道と違い、面積がかなり小さいことからも知り合いに合う可能性がひじょうに高いという要因もあると言われています。

出会い系サイトや出会い系アプリの費用

神待ちにも使える出会い系サイトや、出会い系アプリの費用は、どれくらいの金額なのか知りたいと思いませんか?
出会い系サイトや、アプリは、女の子は無料で利用できることは広く知られていますが、男性はポイントを買う必要があるので、どうしても費用がかかります。
神待ち少女を探すためにもおすすめな出会い系サイトや出会い系アプリをいくつかまとめたページ『家出少女が利用する出会い系アプリの調査』を参考にしてみるといいでしょう!

まず有料の出会い系サイトや神待ちサイトを利用する場合、メールのやり取りをしますが、このやり取りを1回するのに、20円から40円ほどかかるのが相場になっています。
サイトによって料金は違いますが、1通あたりのメールのやり取りが数百円するようなサイトなのであれば、相場よりも相当高くなっています。
相場よりも高いからといって、必ず会えたり、サービスが充実しているというわけではないですから、このようなサイトには登録をしないようにしましょう。

また、中にはメールアドレスを交換する場合には、別途数千円の料金がかかるサイトもありますが、大体2000円くらいが相場になっています。
中には無料でメールアドレスを交換できるサイトもありますから、出費を抑えたいのでしたらメールアドレスの交換にお金がかからない出会い系サイトなどを利用するようにするといいでしょう。

神待ち少女と会ってからも経費がかかる


実際に会ってからも必要な経費がいくつかあります。
まず大体の家出女性というのは、お腹がすいている状態ですから食事代がかかります。
食事代が発生しますが、高級レストランなどではなく、普通のお店でかまいませんので、二人合わせても2000円から3000円以内に留めることができます。

そして、女性が泊まるのであれば、女性の日用品も買ってあげたりすることもあるでしょう。
化粧品やスキンケアなどといった費用が必要になるということもあるでしょうし、換えの下着を買ってあげたりするということもあるでしょうから、5000円くらいのお金がかかると思っておいた方が良いかもしれません。

また、家に泊まるのであれば、宿泊費用はかかりませんが、ホテルに宿泊するのであれば、宿泊費用として6000~9000円くらいのお金が必要になると思っておいた方が良いでしょう。

この他にも、家出女性に援助をしてあげるということもあるのですが、これは女性によって提示してくる金額は違っています。
5000円くらいのお金を提示してくる女性もいますし、15000円くらい欲しいといってくる女性もいます。
援助については、メールのやり取りをしている時点で確認をしておくことをオススメします。

実際に神待ち少女と会うと、大抵の少女たちはお金がないので、会ってからの方がお金がかかることが増えます。
男性目線では気づかなかったことも出てきます。
女の子によってはお小遣いが欲しい子もいるので少額を渡しつつも、塵も積もればという感じで費用がかさむようになります。

神待ち歴が長い子は交渉がうまい

神待ち歴が長い子は、早ければ児童のうちから家出を経験しています。
そういった子は、神や泊め男にお世話になっていることに対して、どこまでお礼をするのか直接交渉してきます。

交渉がうまい子はお礼の種類や内容によっては別料金を設けていてお小遣いをもらうこともあり、すっかり慣れている様子で相当やり手な子もいます。
気の弱そうな男性には少々強気に出て高額なお小遣いをもらうこともあるようです。
交渉の段階で上限を決めたり、お礼についてもしっかりと決めておくと予想外にぼったくられるようなことはなくなります。

泊め男初心者や懐に余裕がない人は宿泊希望をスルーしよう

神待ち少女の中にはご飯だけではなくて、宿泊希望の子もいます。
宿泊させるためにホテルに入ると、お礼料金+ホテル代+その他の諸経費がかかり、最初は食事とホテル代だけのつもりが予想以上に出費がかさみ、所持金が足りなくなることも考えられます。

ホテルに入ってからこうしたことに気付いても遅いので、泊め男初心者や、懐に余裕がない方は、宿泊希望の神待ちをスルーする勇気を持つことも大事です。

神や泊め男としてのメンツを保つために

神や泊め男という立場上、女の子の前でお金が足りない!といった内容で恥をかくのは絶対に避けたいことです。
カッコ悪いばかりか、せっかくゲットした女の子ががっかりしたり、お金がないんじゃないかと不信感を抱いてしまい、最悪逃げられる心配も出てきます。

神や泊め男として女の子から盛大に感謝してもらうためには、ある程度の相場と諸経費の把握を怠らないことと、多少贅沢をされたとしても十分に間に合うだけの金額を財布に入れておくことが必要です。
利用可能なクレジットカードも1枚くらいは装備しておけば、万一のときでもスマートにクリアできるでしょう。

このように、ある程度どれくらいのお金が必要になるのかをシミュレーションしておけば、家出少女と会っている時にお金が足りなくなってしまうということを避けられるようになるでしょう。

関連する記事も読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ