犯罪者にならないためにも神待ちで絶対にしてはいけないこと

神待ちをするとき、絶対にこれだけはしてはいけないということがあります。
これから、出会い系サイトや神待ちサイトなどを使って、神待ちをしている女の子との出会いを探すのであれば、次のようなことは絶対にしないようにしてください。

18歳未満の少女と会わない

まず一つ目として、18歳未満の家出少女と会うということはしないようにしましょう。
仮にエッチをしなかったとしても、もしも家出少女が嘘をついたら犯罪者になってしまうことになるでしょう。
もちろんエッチを本当にしてしまった場合も、淫行罪や青少年育成条例違反で逮捕されてしまい、懲役刑になってしまいます。

ですから、18歳以上で、なおかつ高校を卒業している女の子としか会わないようにしましょう。
相手が18歳以上だと偽っていることもありますので、年齢を確認できる身分証明書を見せるように言ったほうが安全でしょう。
拒否をするのであれば、すぐに帰るようにしましょう。
もし18歳未満で、お互いに同意をしていたとしても犯罪ですし、もし家出をしている女性の親が捜索願を出している場合、最悪誘拐罪まで適用されてしまうかもしれません。
せっかく会うことができたのに、何もしないのは惜しいと思う人もいるかもしれませんが、一時の誘惑よりも人生のほうが大切です。

未成年と関係を持つと罰則を受ける可能性がある 未成年と関係を持つと罰則を受ける可能性がある
神待ちで会う相手の女の子が13歳から18歳未満だった場合、男性側が法律違反となるケースでは、青少年健全育成条例によると、罰則は懲役2年、罰金100万円が上限となっています。
しかし、この場合、その関係性に恋愛感情があれば罰せられないケースもあることから、実に微妙なグレーゾーンも存在していることがわかります。
参考元:都道府県青少年保護育成条例集

神待ち少女の年齢で泊め男が完全にアウトになるケース

泊め男が成人している場合に限ると、神待ち少女たちとのセックスというのは、家出中の生活に対して泊め男が手助けをしたお礼として双方が合意のもとで行われるものです。
神待ち少女たちも堂々と口にしないまでも、セックスでしか恩返しができないことを知っているので、優しくリードされればそれに応じる覚悟は持っていると言われています。

しかしここで重要なのは女の子の年齢です。
女の子の年齢が13歳から18歳の場合で神待ち少女との間に恋愛感情もなく、あくまでも神待ちと泊め男としてセックスをしてしまった場合は泊め男が犯罪者となり完全にアウトとなります。

さらにレアなケースかもしれませんが、女の子の年齢が13歳だった場合は、どのような理由であれ、泊め男が完全にアウトとなり犯罪者確定となります。

未成年者にお酒を飲ませない

また、相手の女性が高校を卒業しているとしても、まだ20歳未満なのであれば未成年との飲酒は絶対にしないようにしてください。
未成年者と飲酒をしたら大人が罰せられることになりますからしないようにしましょう。

未成年と一緒にお酒を飲むことで受ける罰則 未成年と一緒にお酒を飲むことで受ける罰則
未成年者にお酒を飲ませる、または一緒に飲むことは、未成年者本人には罰則はないものの同伴していた成人に対して罰則があります。
また日本は成人の基準が世界基準になりつつあるので、それによって法改正もあるとすれば飲酒できる年齢も変化していきます。
参考元:未成年者飲酒禁止法

未成年と一緒に飲酒することのリスク

未成年者が飲酒することは、身体的、精神的、社会性への影響があると考えられています。
身体的な影響では、脳障害のリスクを高めることがあり、急性アルコール中毒につながりやすいことが言えます。

精神面ではアルコール依存症を発症しやすく短期間でも発症するリスクが高まるとしています。
社会性では暴力行為や性的非行に関連するリスクが高まり、学力や適応力などの低下を招くともされています。

こうしたリスクを知らずに未成年者と飲酒をした場合、家出中の神待ち少女が急性アルコール中毒を起こしたら、完全に泊め男はアウトとなります。
言い訳ができない状態が目の前にあるため、逃げるわけにもいかなくなるでしょう。

強引に関係を持とうとはしない

いくら神待ち少女が相手だったとしても、強引なセックスは絶対にいけません。
少女の年齢や、強引にどこまでどんなことをしたのかによっては、検挙間違いなしのケースもあるからです。

そして、18歳以上だとしても、相手が嫌がっているのにエッチをしてしまった場合、レイプということになります。
助けてあげるのだから、エッチをしてもいいじゃないかと思った人もいるかもしれませんが、訴えられてしまったら、強姦罪になりますので最低でも数年は懲役刑に処されてしまうことになります。
ですから、お互いが同意の上で体の関係になるようにして、相手が嫌がるのであれば、運が悪かったと思うようにしましょう。

本当にあった泊め男の検挙事例

18歳未満の女の子にサポートしたお礼としてお互いに合意のもとでセックスを行い、児童買春・児童ポルノ法違反として検挙された事例があります。
これは多くの神待ち少女と泊め男の間にありうることなので、18歳未満は絶対に相手にしてはいけません。

神待ち少女と実際に会い、自宅に少女の意志とは関係なく長期間監禁し、セックスをしていて検挙された事例があります。
検挙された中には、自分がやくざに知り合いがいるなどと少女を脅していたケースもありました。
家出中の少女たちは1か月近くも滞在する子もいますが、それはあくまでも本人の意思によるものです。
これは逮捕監禁にあたりますので、脅して自宅に監禁することは絶対にいけません。
こちらの「神待ちニュース」では同様の内容の記事をまとめてあります。

神待ちもルールを守って楽しもう

未成年の家出少女を自宅に連れ帰りセックスしてしまい、どこからかバレて泊め男が逮捕されるというニュースを観て笑っているような男性も、次は自分が同じニュースとなる可能性も十分にありますので、神待ち少女とかかわるならルールを守る必要があります。

このように神待ちをするのであれば、絶対にしてはいけないことはしないようにしてください。
実際に家出女性と会って、上記のことをしてしまい、犯罪者としてテレビで報道されてしまった人は数多いです。
自分は大丈夫だと思うのではなく、同じようにならないようにするためにも、このような危険な行為は慎むようにしなくてはなりません。
この3つのことをしないようにすれば、神待ちを楽しむことが出来るようになるでしょう。

関連する記事も読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ