家出する女性の約半数がネットカフェで夜を明かす!

昔は家出をした場合、友達の家や親戚の家などに泊めてもらうということがほとんどでした。

ですが、最近は街中に行くと、24時間営業のお店も増えているため、家出をして友達や親戚の家に行かずに、24時間営業のお店で夜を明かしているという人がとても多くなったのです。
親戚や友達の家に泊まっていると、家族に連絡されてしまう可能性が高いという点もありますから、ほかに泊まれる場所があるのであればそっちの方が良いと考えるわけです。

家出少女の半数がネットカフェで寝泊りをする理由

家出少女は眠れる場所と体を休める場所、できればそれにシャワーなどの入浴施設と食事が摂れるところを探していることが多く、そのすべての条件を格安でクリアしているのがネットカフェです。

特に、最近の家出をしている女性の半数くらいの人は、ネットカフェで寝ているといわれています。
ビジネスホテルの場合だと、最低でも5000円くらいは素泊まりでもかかってしまうのですが、これは家出をしている女性にとってかなりの出費になります。
特に若ければ若いほど、お金を持っていないですから、これでは数日も家出を続けることは難しくなってしまうでしょう。

その点、ネットカフェだとビジネスホテルやラブホテルに泊まるよりもかなり安くなっています。
3000円前後あれば泊まることが出来るネットカフェは多いですし、お店によってはシャワーも完備されています。
さらに、ジュースは飲み放題でパソコンでインターネットに接続をすることが出来るほか、コンセントもあるのでスマートフォンの充電をすることも出来るようになっています。
また、雑誌や漫画などもありますから、現実を忘れて時間を過ごすことができますよね。

ネットカフェのスタイルも変化してきて長時間滞在しても疲れさせないような配慮が目立つようになり、家出中に持ち歩けない寝具も充実していることが多くなっています。
このように色々なメリットがあるからこそ、家出をしている女性の半数程度の人がネットカフェを利用しているのです。

家出中でも気になる寝具も充実

ネットカフェで寝るときに気になるのはどうやって寝るのかということです。
大抵のネットカフェは、リクライニングシートかフラットシートのどちらかがあり、人が1人横になれるくらいのスペースは確保されています。
利用者の多くはこのインターネットをする場所でリクライニングシートかフラットシートの上で寝ます。

寝ることを優先的に考えるならフラットシートの方がおすすめです。
フラットシートは簡単なマットレスが広げてある状態で、人が1人体を伸ばして横になれるくらいの大きさがあります。
簡易的な敷布団代わりに利用できるので、家出中の疲れも癒せる効果が期待できます。

掛け布団代わりに使えるブランケットや毛布も無料で利用できるネットカフェがほとんどです。
しかしネットカフェによっては部屋の数に対応した枚数を用意していないことがあり、早い者勝ち状態のときもあります。
ネットカフェで眠ることを最優先させるときは最初にブランケットや毛布をゲットしておくと良いです。

ネットカフェは個室が完備されているといいますが、具体的には間仕切りされているだけで、天井まで仕切りが届いていないことがあります。
そのため隣近所のいびきなどは筒抜けとなり、寝るときに気になることも珍しくありません。

そういったときのために、耳栓は持ち歩いた方が良いです。
せっかくネットカフェで休めると思ったのに、となりのいびきが気になって一睡もできないケースを避けられます。
さらに明るさが気になるときのためにアイマスクも携帯していると便利です。
人の気配が気になる場合にも有効活用できます。

ネットカフェから神待ちをするケースも多い

また、このネットカフェのパソコンから、出会い系サイトなどを利用して神待ちをしているという女性も結構多いです。
そして、助けてくれる男性が見つかったら、その男性の家に寝泊りをするのです。

いくらネットカフェの料金が安いとはいえ、男性の家に泊めてもらったほうが安上がりですからね。
それに、ネットカフェの個室というのは、狭いですから、足を伸ばして寝たいと考えている女性がとても多いです。

家出少女の中には、家出直後は多少の小遣いやバイトで稼いだお金を持っていることがあります。
お金があるうちは、誰にも頼らないでネットカフェで過ごし、所持金が少なくなったり、またはギリギリの状態になると、神待ちをするケースもあります。
神待ちランキングはこちら

神待ちをして利用料金を精算する少女もいる

ネットカフェに何日もいると、入店したときに決めた滞在日数がくれば一旦清算をしてネットカフェを出ることになります。
お金があるうちは寄生するかのようにネットカフェ頼みでいたとしても、お金はいずれなくなってしまいます。
滞在中に所持金が足りないと気づくこともあり、そういうときに神待ちをする家出少女もいます。

神待ちをして連絡がついた男性にネットカフェに迎えに来てもらい、利用料金の支払いをお願いする神待ちもいて、一旦はネットカフェから脱出し、男性の都合のつく限り泊めてもらったりします。
しかし、いずれは行く当てがなくなくなりネットカフェにまた戻る生活を再開してしまいます。
神待ち少女の中には後々のことを考えて、お小遣いをおねだりするケースもあります。

ネカフェの名前や場所をゲットすれば神待ち少女ゲットへ近づく

ある程度ネットカフェがあるくらいの発展している街のほうが、家出をしている女性が集まりやすい傾向があります。

また、ネットカフェの料金も支払ってあげると書き込みをしたり、メールでアプローチをしたほうが、女性からの反応も良くなるでしょう。
家出をしている女性と出会いたいのでしたら、ネットカフェがそれなりにある地域で検索をするようにしてみるといいでしょう。

神待ち少女たちとコンタクトが取れたとき、ネットカフェにいる子と出会えたらネットカフェの名前や場所をなるべく聞き出しておきましょう。
そういったネットカフェには神待ち少女が集う可能性もあり、たびたび神待ち少女らに協力しているうちに、リピート率が高まる可能性もあります。

オススメのネットカフェをご紹介
  •  快活クラブ  HP:http://www.kaikatsu.jp/

    業界1位のネットカフェで、設備や飲食のメニューが整っており(朝無料モーニング)、わかりやすい料金設定が魅力です。
    近年では女性専用エリアも登場し、カードキーがないと出入りできないというセキュリティ完備のエリアもあり、利用しやすくなっています。

  •  自遊空間  HP:https://jiqoo.jp/

    フランチャイズ制の店舗展開のために、お店によって格差が大きいことが特徴的ではあるものの、飲食に関しては快活クラブよりも充実しているほか安さも際立っています。(税込み290円ランチ)
    初めて利用するなら知らないネットカフェに入るよりも安全性は高いといえます。

関連する記事も読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ