出会いSNSを使って家出中の少女と出会うことも可能!

2000年代中ごろくらいから、インターネットサービスの中でもSNSといわれるサイトがとても人気になりました。
以前は、このSNSを利用して色々な出会いを探したり、見つけられたという人も多かったのですが、SNSで知り合った男女が事件を引き起こしてしまったりするようになって、社会的に問題視されるようになってしまいました。

そもそもSNSとは何か?

SNSはソーシャル・ネットワーク・サービスといい、インターネット上で社会的なネットワークを構築するものです。
代表的なものではFacebookやTwitter、Instagramなどがあり、その主な役割は、人と人とのコミュニケーションを円滑にとることです。

また広い意味では、ブログやWebサイトもSNSに含まれると考えます。近年ではWebサイトやアプリにSNS的な機能が含まれているものが多くなり、はっきりとしたSNSとしての線引きは難しいといえます。
以下に話題のSNSをまとめました。

出会えるSNSサイトも実際に存在する

SNSは2003年ごろからアメリカで多く誕生し、日本独自のSNSではmixiが人気を集めていました。
出会えるSNSとしての先駆け的存在のmixiは会員制で、既存会員からの紹介が無ければ参加できないことがネックとなり、その後はモバゲーが流行り、時代とともにスマホが普及すると、世界中で人気となっているTwitterやFacebookが主流となりました。

TwitterやFacebookといったSNSは、多くの有名人が利用したことでも人気と注目を集め、特にFacebookはビジネスに利用したり、疎遠になっている旧友を探すこともできることから、実際に出会えるSNSとしても利用されるようになりました。

今はSNSで出会うのは難しい

そもそもSNSは出会いを探すためのネットサービスではないですから、SNSサイト運営者も、会員たちが出会い目的で利用していた場合、アカウントを剥奪するなどといった対策をするようになっています。
また、最近のSNSは年齢確認もとても厳しくなっており、18歳未満だと利用していないようになっているサイトもたくさんあります。
年齢確認はないにしても、メッセージのやり取りなども運営者がチェックしていますから、現状としては、家出少女と出会うための方法として、一般的なSNSサイトというのは適していないのです。

SNSの違いで出会いの違いがある


SNSは近年、広い意味で使用されることが多くなり、また、SNSの要素を含むアプリなども多いことから、使用するSNSの違いは出会い方にも違いが出てくるようになりました。

Facebookの特徴と出会いについて

フェイスブックのロゴFacebookは本名で登録することが基本となっているSNSで、プロフィールも真実を登録することによってより現実的な人間像をイメージさせることができます。
また利用に関しては実際の友人やビジネス関連で使用することが多く、ある程度はリアルで面識があるケースも多いです。

SNSとしては現実味のあるFacebookは海外では出会いのためのツールとしてよく使用されています。
Facebookが友達の友達まで投稿が届くことや、親密度と重みと経過時間の3つから決定されるエッジランクによって、新しい出会いが期待できることが影響しています。

そのほかでは、Facebook連動のアプリや、Facebook自体で気になるワードで検索をして、それにヒットしたお相手とコミュニケーションを取り仲良くなって出会う、といったことが多くあります。
アメリカでは3人に1人がオンラインで出会いを経験しているほどの人気があります。

Twitterの特徴と出会いについて

ツイッターのロゴTwitterは日本で言えばつぶやきを公開するというものですが、その投稿がタイムリーに公開されることや、フォロワー全員に届くことからすみずみまで情報提供ができるものです。
また最大の特徴として、リツイートによって、フォロワーのフォロワーといったように、全く知らない誰かまで自分のつぶやきが届く可能性があります。

自分のツイートは、良くも悪くも不特定多数の人に情報提供される可能性があることから、企業やアーティスト、何等かの運動のためなどに利用されることがあります。
TwitterはFacebookと違って、必ず時系列でツイートが並ぶのでツイートのタイミングも重要になります。

出会いに関しては若い世代に利用されることが多く裏垢という自分の身分を隠して利用するものを介して援交する女性も多くいます。
裏垢は援交だけに使用されているものではなくて、趣味などのためにも使われています。

Twitterで出会うには気になる人をリツイートしたり、リプライで交流を行い、徐々にダイレクトメッセージでやり取りして実際に出会うというものが主流です。

ラインやカカオトークも現代版SNSなのか?

ラインのロゴLINEやカカオトークは、ともにリアルタイムで会話が成立することが最大の魅力で、さらに無料で通話ができることも便利に活用できる大きなポイントです。

強調できるのはリアルタイムでコミュニケーションが取れるということで、円滑なコミュニケーションが図れるという意味ではSNSとしての役割を担っています。
こうしたことから、現代版のSNSといっても過言ではなく、十分にSNSの要素が含まれているといえます。

LINEやカカオトークを利用するには、それぞれのIDを交換しなければなりません。
お互いのIDの交換が成立しなければ、どんなに良い現代版のSNSも利用できません。

カカオトークのロゴ快適にIDを交換するなら、それぞれのID交換掲示板を利用することがおすすめです。
下手にさまざまなサイトでID交換をして規約違反になったり、そのIDを乱用される心配がないのは、ID交換掲示板です。
ID交換掲示板は若い世代にもなじみがあるところなので、多くの出会いにつながる可能性もあります。

LINEやカカオトークのID交換掲示板について詳しく知りたい方は、こちらの「LINEのID交換掲示板」や「カカオトーク掲示板の使い方」などの記事を併せてチェックしてみましょう。

SNSを介した出会いは実際にある


日本ではSNSの範囲が広くなり、SNSの要素を含むサイトやアプリなどもかなり多くなってきています。
それらを介した出会いは実際に多く、FacebookやTwitterなどをはじめ、LINEやカカオトークも頻繁に利用され、幅広い年齢層の方が活用しています。

出会いSNSを利用しよう

では、全てのSNSで家出少女と出会うことはできないのかというと、そういうわけではありません。
一般のSNSサイトは、出会い系サイトではないですから、出会い目的は禁止になっていますが、出会い系SNSは出会いが禁止になっていないですので、家出少女と出会うことも可能になっています。
出会い系サイトの新しい種類として構築されているサイトになっていますから、出会いを探すために利用していても、アカウントを剥奪されることもありません。

出会い系SNSは、一般的なSNSの機能を出会い系サイトに移行しているサイトになっています。
ですので、家出少女のように若い人たちも扱いやすいシステムになっているので、若い女性が集まりやすい傾向があります。

また、出会い系SNSの中には、家出少女たちが集まるコミュニティがあったりしますし、日記などを見て、その女の子がどんな子なのかも大体分かるようになっていますから、出会いに発展できる可能性が高くなっているというのもメリットの一つです。

出会いSNSを使った少女との出会いについてのまとめ

家出少女は家出をしているわけですから、暇を持て余しています。
漫画喫茶でも出会い系SNSの広告を目にしたりすることが多いですし、ゲームや占いなどがコンテンツとして提供されていたり、コミュニティもたくさんありますから、暇つぶしにもちょうどいいですので、家出少女が集まりやすく、アクティブなユーザーが増えやすいサービスになっているのです。
ですから、この出会い系SNSで、家出少女とであった人も結構多いのです。

関連する記事も読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ